なっちー2月_naka-Fotolia

写真© naka-Fotolia

私はどこにでもいる普通の主婦です。人は「なっちーさんはもう普通じゃないよ〜」って言ってくださるのですが、そんなことはありません。ドジで不器用な普通の主婦です。実家が地主だとか不動産関係のお仕事をしていたとか、そういうのではないですが、そんな私でもおかげさまで大家さんになれました。

ですが、主人の協力もなく一人でやっているもので、まあ失敗もたくさんしてきましたよ。今でも壁にぶち当たりながらやってます。

1戸目からワケあり物件にチャレンジ

最初に買った物件は築35年のボロ戸建てです。ボロいだけではなく、再建築不可といって建て替えができない物件でした。そういう難しいことはよくわからないけれど「とにかく物件を買わなきゃ」という焦りで、実家から近くて駅からも近い大阪府吹田市にある戸建てを購入しました。

先輩大家さんたちから、「再建築不可って土地値がないようなものなのに、そんなの買ってどうするの?」って言われたときには「しまったー」って思いました。楽待さんの企画で「まずはアパート1棟買いなさい!」の著者、石原博光さんに相談するコーナーがあり、そちらで相談させていただきました。

≫その時の対談の様子はこちら

石原さんからは「今現在入居者が付いていて利回りが出ているから、オーナーチェンジで買いたい人はいると思いますよ」というご回答をいただき、少し安心しました。

夢も希望もなくなんとなくOLを続けた独身時代

話はOL時代に遡るのですが、私は就職氷河期に何十社も入社試験に落ち、卒業間際に先生のコネでとあるアパレルの会社に就職しました。販売で採用されたにもかかわらず、事務員がいないという理由で営業事務に配属されました。

給料も手取り8万円と激安でしたが、私は就職できたということだけで満足でした。自分で言うのもなんですが、私は真面目な性格だと思います。でも裏を返せば、人のことを気にするあまり自分の意思を通せない損な性格です。

会社が私の人生を保証してくれるわけがないのですが、会社に尽くして一生懸命働きました。しかしその会社は倒産してしまい、これまで培ってきたことを全て失うのでした。