猫ブームが止まらない。国内の飼育数は1000万匹に迫り、右肩下がりが続く犬を追い越しそうな勢いで、「ネコノミクス」と称される経済効果は2兆円を超えるという試算もある。賃貸市場では「猫とともに暮らしたい」というニーズの高まりを受け、「猫専用」を標榜する物件が増えてきた。全国的に空室率が上昇傾向にある中で、差別化による家賃アップで利回り向上を実現するオーナーも。一方で、十分な知識がないまま表面的なリフォームをした結果、「猫リテラシー」の高い飼い主に敬遠され、逆に状況を悪化させるケースも出てきた。

巨大な猫小屋で暮らす

「さすがにここまで反響があるとは予想していませんでした」

今月、東京・葛飾区の江戸川沿いに完成した猫専用アパート「Maison Neko」。オーナーの男性(50)は「自分は猫を飼ったことがないので…」と笑った。JR常磐線金町駅から徒歩15分という立地で、家賃も周辺相場に比べて2割ほど高い。それでも先日開かれた内覧会には約70人が参加するなど、注目度の高さをうかがわせた。

真っ白な外壁が印象的な「Maison Neko」

物件は杉並区で人気の猫専用アパート「Gatos Apartment」を運営する木津イチロウさん(46)が監修した。最大の特徴は、2棟全7室が「3階建て」であること。10平米ほどのスペースが1階から3階まで並び、3階のロフト部分も含めると「4層メゾネット構造」だ。「猫は三次元の動物なので、上下左右に動き回れることは大事なポイントです」と木津さん。建物全体が大きな「キャットタワー」の役割を果たす構造で、「巨大な猫小屋に人間がお邪魔するようなイメージ」という。

2階にキッチンとトイレ、3階に寝室とバスルームという構造

3階のロフトから。外を眺めるのが好きな猫のために開放的な出窓が多い

各部屋の入り口には、猫が外の空気を味わえるよう専用のテラスを用意。脱出を防ぐ高さ2メートルの塀は入居者のプライバシー対策も兼ね、駅との距離を考えて自転車も置ける仕様になっている。人間と猫双方のプライベート空間を確保していることも特徴で、3階のロフトは可動式の梯子を外せば猫は上ってくることができず、逆に猫の「エスケープゾーン」として、キャットウォークは人間の手が届かないところにも設置。木津さんは「人間も猫も24時間べったりではなくて、ほっといてほしいときはある。お互いに距離を置ける工夫も必要です」と語る。

洗面所内には猫トイレを2個置ける広いスペースを確保し、猫砂を隣の人間用トイレにそのまま流すことができる。洗面所のドアには猫1匹が通り抜けられる「猫扉」が設置してあり、猫は自分で勝手に入って用を足すため、人間が扉を開けてあげる必要もない。「猫は夜行性ですが、これなら夜中に起こされる心配がなくなる。開閉式なので、朝までにおいを閉じ込めておくこともできます」(木津さん)

奥の専用テラスには脱出防止対策として高さ2メートルの塀が設置されている

3階の窓辺に設置されたキャットウォークは猫の「安息の地」

差別化にコストをかける

オーナーの男性が土地を取得したのは昨年1月。「いい場所だなと思って購入したんですが、駅から歩いてみたら思ったより遠いし、家賃相場も高くはないエリア。収益性を考えると『何か差別化しないといけない』と危機感を覚えました」。希少性の高い猫専用のペット可物件に狙いを定め、楽待新聞のコラムで存在を知った木津さんに相談した。

木津さんのアドバイスで、テラスの設置や猫用トイレのスペース確保、猫扉、キャットウォークなど、「猫仕様」にするための設計変更・追加工事に約500万円を費やした。家賃は7万9000円~8万4000円と相場の2割ほど高めに設定し、利回りは約8%。「立地を考えればかなり優秀な数字。反響の大きさを見ると、お金をかけて猫仕様にするだけの価値はあったと思います」