写真© kai-Fotolia

不動産投資はお金のある人しかできない。そう考える人も多いのではないか。実際、物件を購入するとなれば、ある程度まとまった額のお金が必要だ。気軽に手を出せるものではない。

だが、諦める必要もない。現時点で貯金がゼロならば、不動産投資に向けてこれからコツコツとお金を貯めていけばいいのだ。明確な目標さえ作れば「貯金生活」を乗り越えられるかもしれない。

岡山市にいくつもの物件を持つ岡山市の賃貸マスター・岡山大家の森さんは、まさに貯金ゼロの状態から不動産投資を志した。1年間で100万円以上の貯金に成功している。

もともとは不動産投資に興味がなかった森さん。そんな森さんの不動産投資へのプロセスと、不動産投資のポイントなどを詳しく聞いてみた。

大家は儲からない――ネガティブなイメージしかなかった

森さんは当初、不動産投資を始めようとは、まったく考えていなかったそうだ。むしろ「大家なんか、やるもんじゃない」とまで思っていたという。平成14年1月にアパマンショップに入社後、賃貸営業マンとして働くうちに、大家には多大な負担がかかると知ったからだ。

「管理物件を中心とした大量の空室を前に、がんばって入居者を決めても決めても、次から次へと空室ができる……本当にいくら決めてもキリがないんです……」

決まったと思えば短期間で退去したり、他の部屋が空いたりということを繰り返し、物件を抱える大家から「決めてくれ!」という悲痛な連絡が度々きたという。

森さんとしては「リフォームしましょう」「家賃を下げましょう」などの提案をするしかなく、結局は大家の負担になることばかりだ。「大家業が儲かる商売とはとても思えませんでした」と森さん。 

そんな中、あるとき森さんはふと気づいた。

「うまくできる大家さんは、不動産屋に相談しなくても自分で解決できます。だから滅多に連絡してこないんですよね」

森さんが会う大家はほとんどが困っている大家ばかりだ。

「そんな人ばかり見ていたから、大家業に対してネガティブな考えしか持っていなかったんだと思います」

いっときは不動産投資に対し、ネガティブな見方をしていた森さんが、なぜ不動産投資を始めたのか。入社して2年半ほど勤めた頃に、当時の会社の社長に勧められて『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んだのがきっかけだったという。これは不動産投資家にとってのバイブルともいえる本。

「この本を読んで、考え方が180度変わりました。自分が物件を持っていれば、客付けなんか自由自在じゃないかと思うようになったのです。

どこのどんな物件が、いくらで貸せるのか? そんなことは手に取るようにわかっていたので、なぜそんなことに今まで気づかなかったのか、悔しくてしかたなかったです」

森さんはそこから一念発起した。

次のページ貯金ゼロからの不動産投資、まず何から始めた?