アスベスト

あすべすと

珪酸マグネシウムを主成分にした繊維状の鉱物。

耐久性、耐熱性、耐薬品性、電気絶縁性などの特性に優れ安価であるため、建設資材、電気製品、自動車、家庭用品など、様々な用途に広く使用されてきた。

しかし、空中に飛散した石綿繊維を肺に吸入すると約20年~40年の潜伏期間を経た後に肺がんや中皮腫の病気 を引き起こす確率が高いことが判明すると、「静かな時限爆弾」などと呼ばれ世間を騒がせた。

日本では1970年代以降の高度成長期に、ビルの断熱や保熱を目的としてアスベストが大量に消費されていたため、その潜伏期間が丁度終わり始める21世紀に入ってからアスベストが原因で発生したと思われる肺がんや中皮腫による死亡者が増加している。

現在では建物に使用することは禁止され、これまでに使用された建物ではアスベストの除去作業も進められている。

CreativeMinds WordPress Plugin Super Tooltip Glossary