二世帯住宅

にせたいじゅうたく

親世帯と子世帯が一緒に住む状況を考慮されたつくりの住宅のこと。

一緒に住む理由の一つとしては、少子化に伴う親子関係の密着度の増加、限られた土地の有効活用などが挙げられる。

形状的には、次のようなケースがあり、いずれも税金や公的融資上の優遇措置がある。
・一戸形体の家にそのまま二世帯が住むケース
・玄関を共用して、1階、2階の階別に住むケース
・玄関もそれぞれ独立された家に住むケース

CreativeMinds WordPress Plugin Super Tooltip Glossary