元利均等返済

がんりきんとうへんさい

元利(元金+利息)の合計額を融資期間で均等に割って返済すること。

返済開始から終了まで返済額が同額となるため、資金計画が立てやすいというメリットがある。

一方、最初の返済は金利が占める割合が高く、借入残高がなかなか減らないというデメリットがある。

CreativeMinds WordPress Plugin Super Tooltip Glossary