元金均等返済

がんきんきんとうへんさい

融資期間で均等に割った「元金=借入額」と、借入残高から計算される「利息」を合計して返済すること。

元金の減少が早いため、同じ返済期間の場合、元利均等返済より総返済額が少なくなるメリットがある。

一方、最初の返済負担が重くなるというデメリットがある。

CreativeMinds WordPress Plugin Super Tooltip Glossary