取引事例比較法

取引事例比較法

「取引事例比較法」とは、評価するべき不動産と条件の近い不動産の取引事例を集め、それとの比較により不動産の評価をする、不動産鑑定評価の手法のひとつ。
日本の不動産業界においては、主として中古住宅・マンションの評価や査定等にて使用されることの多い手法。
また、これによって割り出した価格を比準価格といい、適切な取引事例が見つかるかどうかで評価の結果が左右される。

CreativeMinds WordPress Plugin Super Tooltip Glossary