団体信用生命保険

だんたいしんようせいめいほけん

ローン返済中に契約者が死亡した時や、高度障害状態(常時介護状態、両目失明など)になった時、債務の残金を生命保険会社が金融機関に支払ってくれるという保険。

残された家族にローンの残高を返済する義務はなく、その後も不動産を手放さずにいられるメリットがある。

CreativeMinds WordPress Plugin Super Tooltip Glossary