壁式構造

かべしきこうぞう

柱や梁を使わず、壁だけで主要構造を支える構造。鉄筋コンクリート造でよく使われる。

柱や梁が出っ張ることがないため、建物の内部空間が広く、すっきりした部屋になる。

壁式構造は、高層になると建物の粘り強さが充分でなくなるため、法令などにより一般的には5階以下の建物に制限される。

CreativeMinds WordPress Plugin Super Tooltip Glossary