平面図

へいめんず

建築物や土木構造物をある高さで水平に切断したとして、その切断面を真上から見下ろした様子を適当な縮尺で描いた図形のこと。いわゆる「間取り図」。

間取りや各部屋の用途のほか、壁の構造、床高、開口部の開き勝手、主要部の寸法が書き込まれている。

CreativeMinds WordPress Plugin Super Tooltip Glossary