生放流

なまほうりゅう

各住戸の浄化槽で汚水を浄化する必要がなく、直接公共の下水道管へと放流すること。

「汚水を生のまま放流可能」という意味であることが言葉の由来。「直接放流」ともいう。

CreativeMinds WordPress Plugin Super Tooltip Glossary