移転登記

いてんとうき

記入登記のひとつ。
記入登記とは登記をその内容によって分類した場合のひとつで、新しい登記事項が生じた場合これを登記簿に記入することを目的としてなすものをいい、ほかに表示登記、保存登記、設定登記および処分制限の登記がこれに属する。

移転登記は、附従性を持つ地役権を除き、登記できるすべての権利についてなされる。
なお、所有権の移転登記は主登記でなされ、所有権以外の権利の移転登記は附記登記でなされる。
移転登記は売主と買主の両者が登記所と申請するのが原則であるが、一般的には司法書士が代理人として立ち会う。

CreativeMinds WordPress Plugin Super Tooltip Glossary