第二種住居地域

だいにしゅじゅうきょちいき

都市計画法で決められた用途地域の一つ。

主として住居の環境を保護するため定められた地域のこと。

店舗、事務所、ホテルなどが、床面積の制限がなく建築できるので、大規模な建物が建築されることもある。

CreativeMinds WordPress Plugin Super Tooltip Glossary