長押

なげし

鴨居の上部に台形の木材をつけて、壁を装飾する横木のことで、柱同士の上部などを水平方向につなぎ、構造を補強するために、柱の外側から打ち付けられたもの。

現在ではハンガーやフックを手軽に吊るせるように室内に取り付けられた横木になってしまっているが、本来物を掛けるためのものではない。

CreativeMinds WordPress Plugin Super Tooltip Glossary