隣地斜線制限

りんちしゃせんせいげん

建築基準法における、高さ制限の一つ。

隣地境界線上から一定の高さを基準とし、そこから一定の勾配で示された斜線の内側が、建築物を建てられる高さの上限となる。

CreativeMinds WordPress Plugin Super Tooltip Glossary