不動産投資の基礎知識から実践ノウハウまで
役立つ情報を毎日更新!

収益物件数No.1 不動産投資のことなら国内最大の不動産投資サイト「楽待」

不動産投資
コラム数

No.1

掲載コラム数

26,798

もだみちてる

コラム数 9

埼玉県在住。45歳。システムエンジニアの経験を経て独立。

堅実な投資を行うべきだと考えて不動産投資を始めるきっかけを待ち続けはや13年。

現在はネットを使った集客法を個人指導しており、不動産の投資経験は一年と少し。

最初の三戸はリフォーム業者さんに仕事を依頼していたがいろいろと思うところがあり、現在は家族総出でリフォーム中。

所有物件はつぎのとおり。

・茨城県龍ケ崎市:一戸(入居済み)
・茨城県つくば市:二戸(入居済み)
・埼玉県入間郡:一戸(リフォーム中)
・千葉県八街市:一戸(購入)

これまで覚えてきた学びをアウトプットするためこれから不動産投資を始める方のため私が家族とともにやってきたこと感じてきたことを綴っていくつもりです。

例えば、家族総出で不動産投資を行っている上でこんなエピソードがありました。

小学生の娘が内装工事(壁紙貼り)に手伝ってもらっています。先日、娘が3回連続で採寸を誤り、ついつい土星……いや怒声をあげてしまいました。そのまま娘は思春期へ突入。

そう、恐れていた「会話の無い父娘」になりつつあるのです。考えてみれば、小学生の娘が内装工事を行うこと自体が無謀です。

そもそも出来なくても当たり前じゃないか……。私はただ、仕事にかこつけて、娘と共通の話題を作りたかっただけなのに……。

――このまま会話がないまま、月日が経ってしまったら、どうしよう。
娘と触れ合えない日々なんて、私は生きる価値を見いだせないかも知れない――

そう思うと夜も寝られず、気が付くと私はベランダから夜空を見上げていました。

「なんでこうなってしまったのーー。お星さまのバカーー(泣」

と、心の中で叫んでしまった親ばかです(^^;
今後ともよろしくお願いいたします。

(このエピソードは99%ノンフィクションです)

プロフィールをもっと読む 閉じる

執筆コラム一覧

ページ上部に戻る