©sakura-Fotolia

写真©sakura-Fotolia

自己資金なしで物件を購入する「フルローン」。投資を始めやすいことはメリットかもしれないが、運用面での不安や、そもそも最初から金融機関がフルローンを出してくれるものなのかなど、疑問に思っている人も多いだろう。

今回ご紹介するのは、そんなフルローンを活用して1年半の間に、実に7棟もの物件を購入することに成功した33歳のツワモノサラリーマン大家。なぜフルローンという方法を選択したのか、そしてなぜ短期間での物件取得が可能だったのか、驚きのノウハウと合わせてご紹介したい。

投資を始めて1年半で、7棟をフルローン・オーバーローン購入

総合商社に勤める福井康祐さん(33歳/仮名)は、不動産投資を始めて3年目。開始から1年半で、以下の物件をすべてフルローン(一部オーバーローン)で取得している。購入順にご紹介しよう。

(1)価格2250万円(4000万で売却済)
  融資額2250万円、金利2.0%、20年ローン

(2)価格5400万円
  融資額5850万円、金利4.5%、30年ローン
  運用開始から約3年

(3)価格1500万円
  融資額1650万円、金利1.5%、30年ローン
  運用開始から約2年半

(4)価格5050万円
  融資額5500万円、金利1.5%、30年ローン
  運用開始から約2年半

(5)価格9000万円
  融資額9000万円、金利1.5%、35年ローン
  運用開始から約2年4か月

(6)価格8500万円
  融資額9900万円、金利1.5%、35年ローン
  運用開始から約2年4か月

(7)価格2500万円
  融資額2650万円、金利1.5%、30年ローン
  運用開始から約2年

現在の利回りは、平均で満室想定17~20パーセントだという。すでに売却している(1)を除いた6棟を運用しており、月の賃料収入は約300万円、ローンの返済比率は35パーセント(約105万円)で、ローン返済額を差し引いても200万円近くが手元に残る計算だ。

なぜすべての物件をフルローンで購入しているのだろうか。福井さんは「一つは単純に自己資金がなかったから。もう一つは、投資効率を高めてキャッシュフローの拡大スピードを上げるためですね」と話す。