クマさん最終_07152015

写真© mnimage-Fotolia

物件を所有していると、入居者や物件をめぐるトラブルに遭遇するのは避けられない。新米大家なら突然のことに動揺し、どう対処すべきか困るだろう。もちろん、ベテラン大家でもすんなりとはいかない。

「賃貸管理のトラブルの要因は、ヒトとモノに大別されます。エアコンが壊れたなどモノが要因だと、修理や交換を行えば解決に向かうもの。しかしヒト、すなわち入居者が要因の場合はそう簡単にはいかず、やっかいな問題に発展するケースが多いのです」

こう語るのは、人気ブロガー&『助けてクマさん!賃貸トラブル即応マニュアル』の著者でもある「クマさん」こと、埼玉県久喜市のベルデホーム株式会社で管理課長を務める熊切伸英さん。賃貸管理業務に従事して25年余り。さまざまなトラブルの現場に身を置き、難題を解決に導いてきた物件管理のプロである。そんな熊切さんに、入居者がらみのトラブル事例と対処方法を聞いた。

大家にとっても悲劇。大打撃を被る物件での自殺

管理業務にたずさわっていると、思いもよらぬ事態に遭遇することもあるという。熊切さんが「もっとも辛い現場」と振り返るのは、室内での自殺だ。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む