7_信用できる投資家最終_08042015

写真© Paylessimages-Fotolia

不動産投資において、生命線ともなるのが銀行からの融資。実際に銀行側は個人投資家のどんなところを見ているのだろうか。「こんな人ならば貸したくなる」と思わせるような投資家の行動とは何なのか。某地方銀行の融資担当であるA田氏(20代後半)に話を聞いた。

1.必要な情報を整理していて、やりとりがスムーズ

「購入を検討している人はもちろんですが、売主や不動産会社にとっても融資の可否はできるだけ早くわかる方がいい。ですから、こちらも『融資の依頼をしたい』と相談があったら、すぐに準備を始めます。そのときに書類のやりとりや連絡がスムーズにできる人は、やはり違うなと思います

融資の相談を考えるタイミングで、自身の源泉徴収票や確定申告書類の3年分のコピー、他に物件を所有して不動産投資をしているなら、その収支や債務状況などを説明できるような書類を準備しておくことが重要だ。そういった資料を過不足なく揃えていれば、融資担当者も状況を把握しやすく、融資の結果もより早く明らかになるだろう。

2.銀行マンの繁忙期を避けて来店する

「常に余裕を持った行動ができているのも、スゴいと思う個人投資家の特徴ですね。デキる人は融資後もこちらが忙しい年度末や月末を避けて、その年度の確定申告書類や決算書を持って説明に来てくれたり、こちらの体制変更の有無を気遣ってくれたりしてくれる方が多いです。

銀行側を気遣ってくれる人には、こちら側も『ずっとお客さんでいてほしいな』と思えますしね。中には『この間旅行に行ってきたから』と菓子折を持ってきてくれる人もいます」

銀行との関係性を良くするために利用できるものの一つ、菓子折。上手く使えば、少ないコストで長期的かつ大きなリターンを得られるだろう。そもそも余裕とは、相手の立場に立って物事を見られる、ちょっとした気遣いなのだ。この余裕の有無で相手がデキる投資家なのかどうか、融資マンは判断しているといえるだろう。