14_照明最終_08132015

こんにちは。デザイナーのみなやまくみこです。

第5回目のテーマは照明です。入居者にとって魅力的なお部屋作りを考えたときに、照明はかなりの重要ポイントになります。かつて賃貸物件では照明を入居者が用意するのが基本でしたが、今はほとんどの賃貸が照明付になっています。それだけ照明が重要なものであるということが、大家さんたちに浸透されました。

しかし賃貸住宅の場合は「デザインは二の次で、とにかく明るい蛍光灯が良い」という風潮があるように思えます。もちろん部屋をきれいに見せるためには明るさは必要ですが、間接照明やフロアライトをうまく使うことで、インテリア性もある素敵な空間に生まれ変わります

値段もピンキリですが、安い照明でも部屋のアクセントとして使ったり、また同じデザインを複数取り付けることで、オリジナルの照明にもなります。わたしが作った(というほどでもないですが)オリジナルの照明器具を紹介します。

1-2

リース型照明器具

わたしの所有物件のシェアハウス仕様にコーディネートした際のものです。

残留物のペンダントライトのシェードを外し、イケアで購入したリース型照明器具を取り付け、アートグリーン(シュガーバイン)で飾り、世界的なインテリアセレクトショップ「DI CLASSE(ディクラッセ)」の人気ペンダント照明「Mini foresti(ミニフォレスティ)」風に作りました。

このイケアのリースはすでに廃番商品で、シュガーバインが思いの外コストがかかりましたが、全体で1万円ぐらいです。