2_検索最終_08192015

写真© Monet-Fotolia

引越しをする際に多くの人が利用するであろう賃貸検索サイト。賃料をはじめ、駅徒歩や築年数、間取りなど、様々な検索項目が設けられ、自分の希望条件に合った物件を絞り込める。

空室率が増加傾向にある昨今、不動産オーナーとしては、最も多くチェックされている検索項目を知ることで、ユーザーが何を重視して物件を選んでいるのかを把握しておきたいところ。求められている条件を多く満たす物件を持つことこそが、満室経営につながるはずだ。

そこで、20~40代の男女に、下記のうちどの検索項目に重きを置いているか、最優先項目から順に必要なものだけ回答してもらい、その理由も併せて聞いてみた。最後にユーザーの属性別に解説も付けたので、参考にしていただきたい。

<検索軸>

賃料/駅徒歩/築年数/通勤通学時間/敷金礼金0/沿線/間取り/バス・トイレ別/オートロック/室内洗濯機置き場/家賃に管理費・共益費込み/インターネット無料/角部屋/追い焚き機能付/エアコン付/コンロ2口以上/2階以上/その他

「固定費を抑えたいから」最優先する検索項目は賃料!

まずは最も重視する検索項目を尋ねたところ、以下のような結果になった。

第1位:賃料(48.6%)
第2位:通勤時間、間取り(11.4%)
第3位:駅徒歩、その他(8.6%)

賃料が群を抜いて最優先事項に選ばれた。その理由は以下の通り。

「ランニングコストを重視している。 結局は予算の中でしか決められないことだから」(東京/女性/30代前半/未婚/2人暮らし)

「固定費を抑えることは重要」(東京/男性/30代前半/既婚/2人暮らし)

「賃貸物件は資産ではなくランニングコストなので、自身の生活予算枠の中で上限がある程度決まっているから」(京都/男性/40代前半/既婚/4人暮らし)

「自分のお給料に見合った賃料ではないと、他のことにお金をまわせなくなってしまう」(東京/女性/20代前半/未婚/1人暮らし)

「今は実家暮らしだが、賃料が高いと家を出る意味があまりないので」(東京/女性/20代後半/未婚/4人暮らし)

家賃は収入の3分の1と言われているが、節約しようのない項目であるため、どの世代もなるべく安く抑えたいと考えるようだ。一方で、こんな意見もあった。

「10万円以内の物件で彼女と同棲しようとしたところ、不動産屋が11万5000円の物件を勧めてきて、見るだけ見てみたら本当に素敵なデザイナーズ物件だったので、その場で契約したことがある。あと5000円高かったら諦めていたところが、予算より1万5000円オーバーならアリと思えてしまう物件だった」(東京/男性/20代後半/既婚/3人暮らし)

たとえ希望する賃料を上回っても、不満がないほど魅力的な物件と出会えた場合は、こんなこともあるのかもしれない。ちなみに第3位の「その他」は、「ペット可」「宅配ボックス」「内装」「周囲の環境(スーパーやコンビニが近いか、騒音はクリアしているか、他)」などが挙がった。