バブル最終_09162015

写真© sakura-Fotolia

1980年代後半から1990年代初頭にかけて、日本中が大好況に沸いたバブル景気。株価や地価が高騰し、潤沢な資金を手に入れた日本企業がこぞって海外の企業や不動産を買い漁った。

だがバブルは、所詮バブル。泡の如くはじけ飛び、見事に崩壊した。その後の日本経済は、ご存知のとおりだ。みなさんのなかにもあの狂乱の時代を過ごした方もいることだろう。

そこで今回は、バブル期に物件を買い、そしてバブル崩壊で大打撃を受けた人に取材した。匿名を条件にご登場いただいたのは、埼玉県某市にお住まいのKさん。都内から30分ほどの私鉄沿線の駅前に、9階建てのマンションを所有する投資家だ。そのリアルな声に耳を澄まし、今後の教訓にしていただければ幸いである。

相続税対策のため、駅前にマンションを建築

――まず、いつ頃、どのような物件を、どちらに購入されたのですか?

「ちょうど1990年、某駅の駅前ロータリーに面した場所に、SRC造の9階建てマンションを新築で建てました。1、2階はテナントで、住居部分は2DKの部屋が35戸。家賃はテナントが月150万円、住居が12万円でした」

――どういった経緯でそのマンションを建てられたのですか?

「自分で言うのもあれですが、私の実家はもともとそのあたりの資産家で、駅周辺にいくつか土地を所有しており、駐車場として貸していたんです。土地の名義は私の父でしたので、相続税対策のためにその中でもいちばん大きな駐車場をつぶして、マンションを建てたんです」

――どれほどの建築費がかかりましたか?

「すべての工費が当時で約11億円。相続税圧縮目的でしたので、銀行からフルローンで融資を受けました」

――すごい額ですね。融資はすんなりと、おりたのですか?

「はい。他の土地を担保にして借りました。今では考えられませんが、当時の銀行は抵当さえあれば、しっかりとした事業計画書がなくとも、イケイケドンドンで貸してくれましたね。銀行としても融資してナンボみたいな雰囲気でしたから。そして、資産家は手持ちの財産を担保にして不動産に投資する。それが当たり前の時代でした。土地価格は青天井、本気でそう思っていましたよ」

――バブル期には工事費も高かったと聞いています。実際いかがでしたか?

「現在と比べてですが、人件費も建築資材も高かったですね。まあ好景気真っ最中ですから、物価が高いのは当たり前。ただ、そんなことはその時代の真っ只中にいると、気づくはずもありません。世間の雰囲気が一様に浮かれていましたから」