人の意見を鵜呑み最終_10072015 (1)

写真© takasu-Fotolia

昨今、不動産投資に新規参入する投資家が増え、コンサルティングやメンターなどの専門家にアドバイスをもらう人も増えているという。だが実際に不動産投資を行い、物件を運用していくのは、専門家ではなく投資家自身。もらったアドバイスを実践して成功すれば良いが、そんなことばかりでもないのがリアルな投資の世界である。今回、不動産コンサルなど専門家の意見を鵜呑みにして投資に失敗してしまった2名の方に、その顛末を取材した。

脱サラを志して、投資を始めることに

まずご登場いただいたのは、ある不動産コンサルから建築会社を紹介され、3年前に千葉県某市に鉄骨造3階建のデザイナーズマンションを建てたサラリーマンのHさん。早速、話しを聞いてみた。

――まず、投資を始めたきっかけを教えてください。

「父親がアパート経営をしていた関係で、不動産投資に興味を持ったのがきっかけです。ただ父自身は家族をまかなえる程度の収入があれば良いというタイプで、投資家というよりも気のいいおじいちゃん大家さんといった感じでした。

私としてはそれなりの自己資金もあり、相続税対策の目的で生前贈与された私名義の土地もあったので、そこの有効活用を考えたんです。実を言うと投資を始めたときには、すぐに脱サラするつもりだったのですが、あんな状態になってしまった今では辞めるに辞められません……」

――では具体的なその失敗談をお聞かせください。

「最初は、どうやって始めれば良いのか分かりませんでしたので、とある初心者向けの不動産投資セミナーに行ったんです。講師は投資関係の著書もある人でした。そこでは講演終了後に講師による無料相談会が開かれており、私はとりあえず自分の土地も含めた資産状況などを説明して、投資を始めたい旨を伝えました」

――その講師の方はなんとアドバイスをされたのですか?

所有している土地はそれなりに資産価値があったので、そこを担保にすれば、1億円ほどは融資を受けられるのではとのことでした。そして私と似た境遇の方で、鉄骨造のデザイナーズマンションを建てて、それなりに成功しているという事例を示し、だいたいの建築コストや利回りなどについて説明してくれたんです。想定では、家賃収入は年に1200万円、利回りは10%ということでした」

――それを聞いてどう思われましたか?

「初心者にいきなり1億円とは驚きましたね。ただそのときは、もし本当に興味があるのならば、本格的なコンサル契約を結んでから具体的な相談に乗ると講師が言うので、いったん持ち帰って考えさせてくださいと伝え帰宅しました」

――その後はどうされたのですか?

「やはり一人だけではなく、他のコンサルの意見、つまりセカンドオピニオンも聞きたかったので、別の相談会に参加することにしたんです。それが過ちでした……」