メゾネット最終_10142015

写真© alexandre zveiger-Fotolia

ひとくちに不動産といっても、そのタイプは様々だ。間取りの違いはもちろん、「ロフト付き」といった構造的なもの、また最近では「戸建賃貸」なども増えてきた。そんな数ある不動産物件のひとつに、「メゾネットタイプ」というものがある。これは、一つの住戸が複数階で構成されていて、住戸のなかに内階段がある賃貸物件だ。

このようなメゾネットタイプの物件は、果たして投資対象としてアリなのだろうか。賃貸経営のサポートを行い、自身もメゾネット物件を所有するオーナー・インテリジェンスの雨宮憲之氏に、その見方を伺った。

メゾネット物件は売り手市場

内階段があり、複数階での生活が可能なメゾネット物件。雨宮氏は「こういったタイプの物件は、数は少ないながらも昔からありました」と語る。

「昔は通常の住戸があるマンションのどこか一部、2階分がメゾネットになっていたり、あるいは間にある1つの階を上下階の部屋で半分ずつ使ったりという形が多めでした。それに対し、最近増えているのは、2階建の長屋のような低層物件を、縦に切った『連棟式』のメゾネット。すべての住戸がメゾネットで、上の階もないタイプです」

長屋のような低層メゾネットは、昔は「テラスハウス」「タウンハウス」と呼ばれたという。しかし、最近ではそれがメゾネットの主流となっているようだ。

このような構造の物件に住むと、戸建感覚を味わえます。これがメゾネットに住む人たちにとって最大のメリット。とくに小さい子どものいるファミリーなどは、周りへの騒音を気にする人が多いもの。そこで、上下の居住者がいない、縦方向の騒音を気にしないメゾネットを求めるケースがありますね」

このような理由があるため、メゾネットは「昔から一定数の根強いファンがいる」と雨宮氏は言う。「これは私の肌感覚ですが、ファミリーの3割近くは、メゾネットへの居住を希望するのではないでしょうか」と語った。

ただし、メゾネット物件自体の数は決して多くない。3割という少数派のニーズを満たすほどの供給量さえもないと言えよう。たとえば、大手賃貸ポータルサイトで、メゾネット物件の割合を検索してみたところ、JR目黒駅とJR川崎駅ではおよそ0.2%、JR浦和駅の徒歩20分圏内では2.6%しか存在しなかった。

あくまでこれは一例だが、他の地域でも、メゾネット物件の割合が爆発的に増えることはない。つまり、メゾネット物件に対する需要と供給のバランスで言えば、需要が多くなっているのは明らかと言える。そしてそれこそ、「メゾネットを投資物件と考える上で一番重要」と雨宮氏は言う。

「これは戸建賃貸にも言えることですが、通常のアパート・マンションが供給過多となっているのに対し、メゾネットは供給が少ないぶん、売り手市場です。適正なエリア、適正な条件の物件ならば、空室は埋まりやすいとも言えるでしょう」

雨宮氏によれば、メゾネット物件を探す人が多いのは、都心に近い郊外だという。そういったエリアで、適正な条件にすればあっさりと入居者が決まる可能性を秘めているのだ。