オーナーチェンジ物件最終_11202015

写真© milatas-Fotolia

不動産投資を行う際の課題の一つに空室リスクがある。高額の資金を投下して物件を購入したのに、空室のままで収益が発生しない状況が続くのは厳しい。最悪の場合、賃下げによって空室を埋めようとし、収益が圧迫されるケースもある。

そう考えると、既に入居者がいる状態で購入できるオーナーチェンジ物件は魅力的だ。しかし、室内を見ることができないというデメリットがあるのも事実。入居者がいる状態で内見する裏ワザはないのだろうか。サラリーマン大家であり、現在46室の区分マンションを保有する芦沢晃さんに話を伺った。

オーナーチェンジ物件のメリット・デメリットは?

オーナーチェンジ物件とは、既に入居者がいる物件を現オーナーが、次のオーナーに売り渡す物件のことを指す。つまり、オーナーだけが変わるということだ。

売る側としては空室物件を実需顧客へ売却するようなフルリフォームなどはせず、現状有姿の契約条件で売却でき、現金化できるメリットがある。また、売主が個人の場合、瑕疵担保責任は通常3カ月間。入居者が住んでいると、瑕疵があれば家主へ連絡が入るため、実際に売主が瑕疵リスクを負う確率も低い。

また、買う側としては購入した瞬間から家賃収入を得られるのは大きな魅力だろう。空室リスクのない状態で購入でき、しかも収益が約束されているという嬉しい取引だ。

しかし、区分マンションのオーナーチェンジ物件の場合、オーナーチェンジであるがゆえに、100%室内を確認できない。一棟アパートやマンションであっても、満室であればこの条件は同様だ。つまり、事前に内見できないという欠点もあるのだ。

買った瞬間から家賃が入るからと安易に購入し、購入後に修繕で思わぬ出費に直面する恐れもある。なんとかして部屋を内見する裏ワザはないのだろうか。