話し方最終_12112015

写真© NOBU-Fotolia

ビジネスシーンにおいて最重要ともいえるスキルは、やはりコミュニケーションではないだろうか。仕事をバリバリとこなす、高収入のビジネスパーソンは関わる人も多く、それだけにコミュニケーション能力の高さが求められる。では年収が高いお金持ちは、どのようなコミュニケーションを図っているのか。そこに、お金持ちでない人と比べると、違いはあるのだろうか。

今回は『話し方で失敗する人と成功する人の習慣』(明日香出版社)の著者で、コミュニケーション総合研究所代表の松橋良紀氏に話を伺い、実際に話し方を教わった。お金持ちが持つ思考パターンと、コミュニケーション手法の大きく2つに分けて説明する。

思考編

実際のコミュニケーションの話をする前に、お金持ちの人に共通する思考パターンについて説明したい。松橋氏によれば、思考パターンは話し方に大きな影響を与えるという。

○お金持ちは常に「未来思考」

「お金持ちの人は未来思考です。たとえば目の前に何か問題があるとしましょう。お金持ちでない人は、『どうしてこんな状況なのだろうか』と問題の原因を考えます。それに対してお金持ちは『どのようにしたら改善できるか?』と考えます。未来志向なのです」

未来思考とは、問題解決型の思考と言い換えられる。目の前にある課題について、どのようにして解決していくかを意識することが、話し方に大きく影響するのだとか。松橋氏によれば、お金持ちの人は概してポジティブ思考だという。でも多くの人がネガティブに考えてしまう理由があるという。

「シャド・ヘルムステッター心理博士の研究によると、人は0歳から20歳の間に、マイナスの言葉をなんと14万8000回も浴びているといいます。反対にプラスの言葉は1万回も聞いていません。ほめられて賞賛される回数より、非難されたり注意されたり怒られる回数が圧倒的に多いのです。

たとえば、『早くしなさい、ちゃんとしなさい、だからやめなさいって言ったでしょ! なんでこんなことするの?』など、しつけを通じて叱られて、社会性を身につけていきます。その過程で、つい否定的に考える習慣が築かれてしまいます。何かやろうと思っても、『上手くいかなかったらどうしよう』『どうせ自分には無理』と反射的にブレーキをかけるようになるのです」

成人するまでに14万8000回もマイナスの言葉を浴びてきたとは驚きだ。ではお金持ちに近づくためには、どうしたら良いのだろう? 松橋氏は言葉の使い方を変えることが大事だと言う。

「多くの資産を築く人は、そんな環境に負けずに、『自分には無理だ』、『自分にはできない』という言葉を打ち消して、『他人ができるなら自分もできる』『やればできる! 不可能はない』とポジティブにとらえる思考パターンを持っています。まずは言葉の使い方をポジティブなものに変えることから始めていきましょう」