お金持ちの家計最終_01182016

写真© liza5450-Fotolia

お金持ちになれば、広いお家に住めて、高級なレストランで食事もできて、洋服もクルマも買い放題。贅沢三昧な暮らしが待っている! つい、そう思いがちだが、実際のお金持ちは案外堅実なもの。

そこで、ご自身でお金を管理しながら節約まで試みているという、年収1500万円超の旦那様3人のライフスタイルを覗いてみた。

 ローン返済から子供の授業料まで全て管理!

東京都江東区に在住の佐々木嘉夫さんは映像制作会社の経営者(41歳)。年収は1500万円ほどで、奥様と高校生になるお子さんの3人暮らしだという。

奥様は専業主婦だが、家計を握っているのは佐々木さんご本人。ご自宅のローンからお子さんの授業料、学習塾などの習い事の月謝まで佐々木さんが振り込んでいるという。さらに奥様には専用のクレジットカードを渡して、必要な生活費はそこからある程度自由に使ってもらっているとか。

「今でこそ自分の会社にも経理担当がいますが、起業したばかりの頃は全部自分でやっていました。そこで、お金の出入りを把握する大切さを痛感したんですよ。

何にどれくらいお金がかかっているのかを把握できないと、将来設計も出来ませんからね。実際に家内にも、現金を使わず何でもカードで払ってもらうようにしてお金の流れを把握しています。

そうすると本当に支出の傾向がしっかり見えてくるんですよ。うちの場合は、とにかく外食費の割合が多かったんです。僕も家内もワインが好きなので、よく外食をして、レストランで吞んでいたのが原因

一度の会計額はそこまで大きな金額ではないので、僕が支払いを管理していなければ気がつかなかったでしょうね」

そこで佐々木さんは、思い切って自宅に本格的なワインセラーを導入。海外から高級なワイングラスも取り寄せて家吞みに切り変えた。

「節約という意味では効果覿面でしたね。それまでは週に2回ほど外食をして、その度に夫婦で1万5000円から2万円ほど使っていたんですが、ほぼ半額に抑えられるようになりました。

こだわってワインを買うようになった分、銘柄や産地などにも詳しくなったし、良いことばかりでしたね。困るのは、家に帰ると妻が既にできあがっていることぐらいです(笑)」

来年はワインセラーを導入して節約したお金を元手に、念願だったフランスのボルドーへの家族旅行にも出かけたいと語る。