年収がわかる日本地図最終_01252016

写真© Paylessimages-Fotolia

「年収○○万円の世帯が、△△%存在する地域」というデータをひと目でわかるようにした日本地図「世帯の年間収入マップ」が、ネット上で話題となっている。これは群馬県高崎市在住のエンジニア、清水正行さんが作成したオンライン地図だ。

画像1

世帯の年間収入マップ

この地図では、年収は「300万円未満」「300万円~500万円」「500万円~700万円」「700万円~1000万円」「1000万円以上」の5つの区分から選ぶ形式になっている。

割合(%)はスライダーで切りかえるか、直接数字を入力する。入力する場合は、1%単位まで指定できる。該当した地域は、自治体単位で赤く塗りつぶされて表示される。

なお、データは政府が発表した「平成25年住宅・土地統計調査」をもとにしており、この中にデータが存在しない地域は地図上ではグレーで塗りつぶされている。

この地図を使って年収と割合ごとに分けてみると、日本の年収事情や自治体間の地域差が見えてくる。以下に4つのパターンを出してみたので、考察していこう。

年収300万円未満の世帯は地方自治体を中心に数多く存在

画像2

「年収300万円未満」の世帯が、65%以上存在する地域

まず、「年収300万円未満の世帯が65%以上存在する地域」を調べてみた。すると、以前に財政破綻で話題になった北海道夕張市、高知県の室戸市と四万十町、福岡県の川崎町、鹿児島県の肝付町、沖縄県のうるま市と宮古島市が浮かび上がった。

宮古島などは観光資源などもありそうなものだが、世帯年収は総じて低いようだ。この割合を60%、50%と上げていくと、どんどんとマップが赤く染まっていく。ここには、リーズナブルなアパートを求める人たちがたくさん存在するといえそうだ。

年収1000万円以上の世帯は15%まで存在、やはり多いのは首都圏

画像3

「年収1000万円以上」の世帯が、15%存在する地域

次に、「年収1000万円以上の世帯が15%存在する地域」を調べてみた。さすがに日本の中でも限られてくるのだが、東京都では文京区、千代田区、中央区、港区、渋谷区、目黒区、世田谷区がランクイン。

続いて神奈川県は横浜市都筑区と、同じく横浜市の青葉区関西地方で唯一ランクインしたのは兵庫県芦屋市。この辺りまでは、首都やその近辺、高級住宅地などのイメージがあるため予想通りといえる結果だ。

意外だったのは、岐阜県の大野町。調べてみたものの、なぜ平均収入が高かったのか理由は特定できなかった。大野町については謎だけが残ったが、それ以外の地域は高収入層が多い地域と見て間違いなさそうだ。

高額マンションへの投資を検討している場合は、こちらのデータが参考になるだろう。