融資特約最終_02052016

写真© one-Fotolia

こんにちは。銀座第一法律事務所弁護士、鷲尾です。今回は、ローン特約についてのご相談です。

ローン特約を付けて契約してしまったのですが、想定金利よりも高く、契約を解除したいと考えています。可能でしょうか?

融資特約が利用される理由

不動産の売買契約において、「買主が融資の承認を得られなかった場合には、買主は、本売買契約を無条件で解除することができる。解除された場合、売主は、受領済みの金員を遅滞なく買主に返還しなければならない」といった特約がつけられることがあります。このような特約を、ローン特約とか融資特約と呼んでいます。

不動産を購入するにあたっては、売買価格が高額なことが多いため、代金の全部または一部が金融機関からの融資を利用して支払われることが多くあります。

ところが、融資を利用するつもりで売買契約を締結したのに、いざ融資を申し込んでみたら金融機関から断られてしまったということもないとはいえません。

融資が受けられないと買主は売買代金を用意できない可能性が高いため、売主と取り交わした売買契約を解消することができなければ、手付金を没収されたり売主から違約金を請求されたりといった大変なことになってしまいます。

そこで、このような事態を回避するために融資特約がもうけられるのです。