つるみの法則_beeboys-Folotia

写真© beeboys-Folotia

自分の身の周りにいる10人の平均年収が自分の将来の年収になるという「つるみの法則」をご存知だろうか? 付き合う人によって自分の年収が決まるというが、果たしてそれは本当なのか。

IT企業や投資会社など計5社を経営する傍ら、「成幸研究家」として世界中の大富豪たちの習慣や考え方を研究、体系化する活動をし、著書に『世界の大富豪 2000人に学んだ幸せにする方法』があるトニー野中さんに話を伺った。

つるみの法則とは「類は友を呼ぶ」こと

「つるみの法則とは、簡単に言うと『類は友を呼ぶ』ことと言えます。なぜなら、人は自分と似た人を引き寄せる傾向があるからです。

人は一緒にいて心地良いと思う人と付き合うもの。たとえば年収300万円の人が、ケタ違いのお金を稼ぐ富裕層が参加するようなパーティーに参加しても、居心地の良さを感じるとは思えませんよね。

年収300万円の人がいきなり年収1000万円を超えるような人たちと付き合うのには無理があります。

生活レベルや考え方が近い人たちと一緒にいる方が心地良く感じ、同程度の年収をもらっている人を引き寄せて付き合うようになります。結果として、自分が付き合う人と同じような年収になる。それがつるみの法則なのです」

トニーさんはつるみの法則についてこう説明する。