法隆寺_ogurisu-Fotolia

写真© ogurisu-Fotolia

不動産投資において大きな指標となる建物の寿命。少しでも伸ばすための秘訣とはどのようなものか? 今回は現存する日本最古の建築物について調べつつ、建物を守り抜く方法を考えたい。

焼失を乗り越え、1300年

現存最古の建築物といえば、607年に聖徳太子が創建したという法隆寺だ。1993年、日本で初めてユネスコの世界遺産に登録された国の宝であり、飛鳥時代の建築様式を今に伝える重要な文化財である。

では、創建から現在まで一度も建替えがなかったかと言えば、実はそうではない。670年、落雷による火災で全焼したとの記載が日本書紀にあり、実際に焼け跡も発見されている。

また奈良国立文化財研究所の科学的な調査によると、使用されている木材の伐採時期は650年代から690年代のものが多いそうだ。

最も古い五重塔の心柱が594年に伐採されたものであるため、再建については諸説あるが、建築物として1300年以上の歴史を誇るのは証明されている。現存する木造建築物のなかでは、日本最古どころか世界最古だ。

火災に弱い木造建築を現在まで守り抜いたのには、並々ならぬ努力があったことが予想される。

例えば、1949年に金堂で火災が発生し、貴重な壁画が焼損した際には、それを契機に文化財保護法という新しい法律が制定された。半世紀以上たった今でも、火災が発生した1月26日は文化財防火デーとなっており、法隆寺をはじめ各地の社寺で消火訓練が実施されている。

備えあれば憂いなし。建築物を守るためには日頃の心がけが大切なのである。