お金持ちがやらない自己投資

PHOTO: iStock.com/FlamingoImages

「自己投資って意味あるんですか? 成功者って、本当に自己投資しているものなんですか?」

先日、とある人にこう聞かれました。自己投資とはその言葉の通り、自分に投資するということで、自分に対して、時間やお金などを投資して、将来の成功を求めるという意味です。書店に行くと、棚いっぱいにビジネス書があって、たくさんの本が「自己投資が大切」というメッセージを放っています。

「英語を勉強しよう!」「スキルアップが大切!」「仕事術を学べ!」

自己投資をすると、すぐに成功できそうな気になります。実際のところ、どうなのでしょうか? 30代で年収3000万円を実現した人たちは、どうだったのでしうか?

お金持ちは自己投資しているのか?

まず、肝心の自己投資の内容について詳しく見てから、その答えについてお話していきたいと思います。自己投資の内容としては、以下のようなことがよく言われます。

・書籍
・学習教材(CD・DVD)
・セミナー・勉強会
・資格学校
・英会話
・ビジネススクール

全体的な傾向として、これらのうち上3つの書籍、学習教材、セミナー・勉強会については、30代年収3000万円実現者たちは一般の方たちより、並外れた自己投資をしています

たとえば、書籍を例にとると、全国の20代・30代のビジネスパーソンが過去1年間で読んだビジネス書の平均が3.1冊程度だそうですが、30代年収3000万円実現者への調査結果では平均読書量は月に平均9.88冊、1年間で118.6冊。読書量だけで、大きな差が見られます。

自己投資をしているか? という質問については、一般的な水準と比べると、ものすごい自己投資しているわけです。