軽量鉄骨だった_house0402-Fotolia

写真© house0402-Fotolia

5月になりました。この時期はスギ花粉もようやく納まり気候も良い季節になりました。私もここ最近はくしゃみと鼻水が終息してきました。現在のようなすごしやすい時期は短いので有意義に利用したいものです。私の場合、現在長期出張中のため土日休み返上で働いています。

こういった過酷な毎日を送っていますと早期リタイヤが頭をよぎります。不動産賃貸業に専念できる時期が来るものと夢見て、地道に物件を増やし、CFも増やしていきたいものです。

さて、今回は鉄骨造の物件についてのお話です。建築物には大きく分けて鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)、鉄筋コンクリート造(RC)、木造、鉄骨造と4種類の構造があることはご存知のことでしょう。今回はこの4種の中でも鉄骨造について紹介します。

重量鉄骨だと思っていたのに、実は軽量鉄骨だった!?

通常、物件売買時に物件資料を確認すると、物件構造の欄には「鉄筋コンクリート造」とか「木造」と表記されています。鉄骨造の場合、重量鉄骨造は「鉄骨造」、軽量鉄骨造は「軽量鉄骨造」と表記されます。

ところが稀に軽量鉄骨造でも「鉄骨造」と表記されている物もあります。実際に私の友人が購入した軽量鉄骨は「鉄骨造」としか表記されていませんでした。

ただ、私の方で「この物件はどう見ても軽量鉄骨だ」と思っていましたので、その友人もそのつもりで検討していました。このときその友人は仲介会社に問い合わせたのですが、その担当者は、「軽量鉄骨であっても鉄骨造には変わりないのだから何か問題があるのか?」的な回答をしたようです。

確かに言っていることは間違っておりません。しかし、軽量鉄骨造と重量鉄骨造では大きな違いがあります。

では、具体的にどのような違いがあるのか、理解しているようで案外理解していないことが多いのではないでしょうか。あなたは説明できますか?