お金持の裏側_shou1129-Fotolia

写真© shou1129-Fotolia

世間でお金持ちといわれている人たち。そのすべての人が素晴らしい人格の持ち主で、きちんとした生活を送っているかというと、そうは限るまい。なかには、お金に物を言わせて贅沢三昧の毎日にふけったり、おもてづらだけ良く見せて家ではだらしない格好で過ごしたり、なんて人もいるはず。

ここではそんなお金持ちの意外な裏側を、デパートの元外商員に赤裸々に語っていただいた

外商員といえば、お得意様と呼ばれるお金持ちの家へ足を運び、商品を販売したり、注文を受けたりする存在。日々お金持ちと接しているだけに、彼らの意外な裏側を覗いた瞬間も数あるはずだ。登場するのは、元大手百貨店で10年近く外商員を務めていた稲葉さん(仮名)。早速、聞いてみよう。

外商員を呼ぶには年収いくら必要?

――まず、外商員を自宅に呼ぶには年収がいくら必要なのですか? この情報はあまりオープンにされていないような気がするのですが……。

「はい、理由は分かりませんが、はっきりと基準を謳っているデパートは、ほぼないと思います。無論、その条件はデパートによって異なりますし、都心と地方といった地域差もあるようです。

ちなみに今だから言えますが、私がかつて働いていたデパートでは年収1500万以上で、かつ持ち家の方。そしてそれだけでなく、年間200万円以上のご利用実績のある方でしたね。ただし、私が外商員として働いていたのは7年ほど前のことですから、それらの条件は今では変わっているかもしれません」

――なるほど。ただ高収入というだけでは難しいのですね。

「そうなんです。また既に外商を利用されているお客様が、他の方を紹介してくるケースもあります。もちろん、誰でもOKではなくある程度の年収は必要ですが」

――外商を利用するお金持ちは、どんな職業の方が多いのでしょうか?

「それはもうさまざまです。一流企業の重役をはじめ、企業経営者、お医者さん、議員さんなど、みなさん職業はバラバラでしたね。親子2代にわたって通わせていただいた、同族経営をされている企業の社長さんも何人かいました」