岡田11回_Monet-Fotolia

写真© Monet-Fotolia

皆さん、こんにちは。岡田のぶゆきです。第11回目の相談者は、京都市にお住いの山下裕子さんです。

専業主婦の山下さんは、ご主人の資金を使って、不動産投資を行いたいという希望をお持ちです。自己資金300万円で、目標は「年間1000万円のキャッシュフロー」、すでに1年前から物件探しをスタートされています。

名前

山下裕子さん(仮名)

年齢

42歳

性別

女性

職業

専業主婦

居住地

京都市

年収

約1000万円(夫)

自己資金

300万円

Q1.現状で収益がなくても、法人を設立してよいでしょうか? 

物件を購入するまでに、法人化をして税金対策を行える準備をしたいと考えています。収益のない状態で法人を作ることは可能でしょうか? また、そういった法人に対して、金融機関は融資をするのでしょうか?

A1.収益のない状態でも法人を設立することは可能

ご質問ありがとうございます。ご主人の年収が1000万円ということで、不動産投資を始めて所得税率が上がることを心配されているのかもしれません。その点を考えれば、最初から法人を設立して、法人名義で物件を購入していくことは有効でしょう。

実績のない法人に対して融資をするのか……については金融機関によります。どちらかといえば、融資を受けやすいのは個人名義ですが、法人名義からスタートすることも不可能ではありません。

地方銀行、信用金庫については各々の都市ごとで変わりますので、物件を探しながら不動産業者に、「法人の融資に積極的な金融機関を紹介してほしい」と頼むのがよいでしょう。業者によって融資の知識は変わりますので、複数の業者に声をかけることをおすすめします。

また、融資に対する姿勢は同じ金融機関でも支店によって違うものです。私は自分で金融機関をまわっていますが、同じ金融機関でも個人に強い支店があれば法人に強い支店もあり、その中でも大企業向けから中小企業向けに特化した様々な支店があります。

そもそも、不動産に対して融資をする支店と行わない支店があります。そのことを認識して情報を集めることが大事です。