石川さん5月_shou1129-Fotolia

写真© shou1129-Fotolia

みなさん、石川貴康です。楽待さんのコラムでも取り上げていただいた拙著『今すぐプライベートカンパニーをつくりなさい』好調です。楽待さんの書籍プレゼントでも過去最高の応募数だそうです。プライベートカンパニーと不動産投資には、みなさんかなり大きな興味があるのですね。

ところで、私が過去所属していたコンサル会社でも不動産投資をしている方々が結構いることがわかりまして、近くオフ会しようと考えています。不動産投資は学び続けるとともに、誰と知り合いでいるかが結構重要ですから。

今回のコラムでは、すでに書いた戸建て8戸の顛末についてです。念願かなってこの8戸は買えたのですが、いかにして、誰と繋がっていれば良い物件が買っていけるかを表している気がするので、つらつらと書いてみたいと思います。

新築は買わない、中古を買うことが私のルールだったが……

そもそも私は新築物件を買わないことを自分のルールとしてきました。理由はだいぶ古いですが2010年4月28日コラム「あなたはどっち?居住用VS事業用、新築VS中古」に書いた通りです。

新築は買わず、中古を買うことをルールにした当時の私の判断ポイントは、中古物件が、

1.新築に比べて安いこと
2.既に入居者がいるため買ったその日から家賃が入ること
3.入居実績が読めること

でした。理由を挙げればもっとあるかもしれませんね。自分で新築を建てると手間がかかるとか、新築時の家賃が一番高くその後下がる一方、とかですかね。

ただ、中古が安いかどうかはわかりませんね。土地から仕入れることで安くできるのかもしれませんし。それでも時間がとられるので、やっぱり本業がある私には新築は不向きかなあ、と思います。

もちろん新築には利点もあるのですが、買わないことにしていた私が今回買うことになったきっかけは、不動産業者の営業マンの強気のセールスです。それだけでなく、それなりに有利な条件を付けてくれたのもあります。さらに言えば、新築とはいえ自分で建ててないので、時間も取られないという利点もありました。