川柳_Paylessimages-Fotolia

写真© Paylessimages-Fotolia

楽待新聞読者に対するアンケート結果を報告する。今回は「不動産投資あるある」をテーマに川柳を作ってもらった。楽待新聞読者の266名が作品を寄せてくれた。

物件購入編

最も多かったのが約4割を占めた「物件購入」をモチーフにした川柳。

「不動産 出会いはいつも 一期一会」(koko12さん/39歳)
「買い入れた 現金一括 先越され」(ナカジメンさん/35歳)
「いい物件 買い付け入れたが 時遅し」(はやしまるさん/37歳)
「この物件、2年前なら2割引き」(BNK48さん/47歳)

物件購入では「タイミングが命」である。一瞬の判断の遅れに泣いた投資家は数多くいるのだろう。

「仲介さん 何度言っても 売れ残り」(駆け出し大家さん/43歳)
「人が行く 裏道にある 好物件」(みいたまさん/55歳)

不動産会社が提示する物件に「いいもの」がないと、不満を持つ投資家も少なくない。未公開物件や極秘物件に近づけたら、希望するものと出会える可能性は上がるかもしれないが……。

「売らぬなら 売るまで粘ろう 億マンション」(レオレオさん/52歳)
「取得難 (売主が)泣くまで待とう 買えるまで」(Tedさん/39歳)

本当にほしい物件であれば、辛抱強く待って手に入れる主義だと詠む人も。不動産投資中級者~上級者の意見だろう。

「駐輪場 ないし駅遠 どうしよう」(社畜大家さん/37歳)
「安い時 いつもそうです 借地権」(96さん/56歳)
「これ安い 現地行ったら ゴミ屋敷」(ポール・モラレスさん/40歳)
「古鉄筋 焦って買って 儲からず」(ジョニーてっつさん/42歳)
「新築駅近 買ってみたら 大激戦地区」(モーリンさん/47歳)

購入後の後悔を訴える、なんとも悲痛な川柳の数々……。購入前に物件の「イマイチなところ」を挙げる人も。どうしても見過ごせない違和感があるなら、買わないという選択肢も一つだろう。

「買う時に 機嫌伺う 妻の顔」(築古オンリーさん/41歳)

妻を持つ投資家ならでは、ともいえる一句。味方になってもらわないと、後になって辛いかもしれない。不動産投資の良さやメリットを説明し、心から理解してもらうよう努めたいところだ。