2016_07_utoimage-Fotolia

写真© utoimage-Fotolia

みなさん、こんにちは! 不動産投資専門税理士の叶です。今回は、平成29年4月に予定されていた消費税増税が先送りされたことで、不動産投資家に与える影響について解説します。

なぜ消費税増税は先送りされたのか?

平成28年6月、消費税増税の延期が発表されましたね。もともと平成27年10月に現在の8%から10%に増税される予定だったのですが、平成29年4月に延期となり、そして今回、さらに2年半後の平成31年10月に再延期となりました。

延期された理由は色々とあるようですが、一番の原因は景気の低迷が理由と言われています。予定通りに消費税率を引き上げると、個人消費を再び下げることになって、デフレ脱却が危うくなるという考えなんですね。

始めの延期の時は、「再延期はしない!」と公約していたので、公約違反ともとれる決定ですが、公約より景気を優先した形となっています。