価値のあるお金_poko42-Fotolia

写真© poko42-Fotolia

普段私達が何気なく使っているお金。金や宝石のように、そのもの自体に価値があるのではなく、社会の信用の上に硬貨や紙幣としての価値が存在する。

1万円札がただの紙切れなのではなく、「1万円」として認められているのも、社会全体の信頼と信用があるからだ。

しかし、その信用と信頼とは別の価値が見出され、額面以上の金額で売買されているお金が存在する。全国のマニアやコレクターがこぞって欲しがるもの。それがプレミア硬貨やプレミア紙幣と呼ばれるものである。

今回はいくつか種類があるプレミアマネーを、パターンに分けてご紹介する。

発行年数でわかる! 枚数が少ないレアコイン

マニアやコレクターは当然珍しい物を欲しがる。他のものより希少度が高いものは、それだけ入手しづらいため価値も高くなる。

例えば発行数が少ない硬貨などがその一つだ。マニアの間では「特年コイン」などと呼ばれ、レア度によって「大特年」や「中特年」と呼ばれたりもする。額面の三倍から数十倍の価値があるとされる。そんな特年コインは以下の通り。

○一円玉

平成12年、平成13年、平成14年

○五年玉

昭和32年、平成12年

○十円玉

昭和32年、昭和33年、昭和34年

○五十円玉

昭和33年、昭和35年、昭和36年、昭和60年、昭和61年、昭和62年、平成12年、平成13年、平成14年

○百円玉

昭和36年、昭和39年、平成13年、平成14年

○五百円玉

昭和62年、昭和64年

この中でもとりわけレアなものが昭和62年の五十円玉だ。そもそも五十円玉の発行枚数が少ないということもあるが、昭和62年製はとりわけ少ない77万5000枚。

これは一般流通用に造られたものではなく、全て貨幣セットとしてコレクション用に製造された。そのためパッケージを壊すなどしない限り流通しないものなのだ。

その価値は8000円を下らないとされ、美品やプルーフミントセット(鏡面仕上げ)という特殊な加工をされたものであれば2万円以上の値がつくこともあるというから驚きである。