媒介契約解除_BachoFoto-Fotolia

写真© BachoFoto-Fotolia

こんにちは。銀座第一法律事務所、弁護士の鷲尾です。今回のご相談は、専属専任媒介契約を結んだのに積極的な販売活動をしてくれないので、契約期間中に契約を解消したいというものです。

物件を売却しようと、ある会社と専属専任媒介契約を結びました。しかし、なかなか積極的に販売活動をしてくれません。

契約期間まで残り2カ月以上ありますが、途中で解約することはできるのでしょうか? できるとしても、違約金や広告費など、請求されるのでしょうか?

専任媒介契約と一般媒介契約の違い

不動産はそれぞれ特徴が異なるうえ、いつでもその商品を手に取って見るというわけにもいきません。さらに値段は高額で売買手続なども複雑なため、自分で買い手を見つけて契約をすることは大変です。そのため、不動産を売却する場合には、不動産会社に媒介(仲介)を依頼することが一般的です。

媒介契約は、一般媒介契約と専任媒介契約に分かれます。一般媒介契約では複数の不動産会社と媒介契約を結んでもよいのに対して、専任媒介契約では媒介契約を結ぶことができるのは1社のみ(専任)です。

専任媒介契約は、さらに狭い意味での専任媒介契約と専属専任媒介契約とに分かれます。専任媒介契約は依頼者が自分で見つけてきた相手方と取引すること(自己発見取引)ができるのに対し、専属専任媒介契約ではそれが禁じられています。

他にも違いがあり、主な違いは次のようになります。

契約形態 一般媒介 専任媒介 専属選任媒介
他の業者への依頼     〇     ×     ×
自己発見取引     〇     〇     ×
指定流通機構の登録 登録義務なし 7日以内に登録 5日以内に登録
報告義務 法的義務はなし 2週間に1回以上 1週間に1回以上

どの契約を選ぶかは委託者の自由です。