コラム2016_08_tkyszk-Fotolia

写真© tkyszk-Fotolia

みなさん、こんにちは! 不動産投資専門税理士の叶です。今回は、不動産投資家、大家さんのパートナーの1人となる、税理士の賢い選び方について解説します。

帳簿を複式簿記で付けずに、毎年33万円もの損失!

以前、他の税理士事務所から、うちの事務所に移って来られたお客さんで次のようなケースがありました。

そのお客さんは、お母さんと娘さん、個人2人で共有しているマンションがあり、部屋も10室以上ありました。事前相談で申告書や帳簿を見せてもらうと、青色申告はしているものの、簡易的な手書きの帳簿しか付けられておらず、青色申告特別控除は、それぞれ10万円だけ。

このコラムをお読みの方の中にはご存知の方も多いと思いますが、個人の不動産所得で5棟10室以上の物件を運営している場合、事業的規模とみなされて、複式簿記で帳簿を付ければ、青色申告特別控除は65万円まで取ることができます。

その差額65万円-10万円=55万円!

税理士にとって、複式簿記で帳簿を付けることは、簡単なことです。このお客さん、所得税率が30%でしたので、複式簿記で帳簿を付けるだけで、16万5000円節税することができます。

差額55万円×税率30%=165,000円

逆に言うと、お願いしていた税理士の怠慢のお蔭で、毎年16万5000円の損をしていたことになります。もし最高税率55%の人なら、30万2500円の節税額です。大きいですよね。

さらにさらに、この物件、お母さんと娘さんの2人で共有していたので、それぞれ青色申告特別控除が65万円取れるんです! 結局、毎年16万5000円の2人分、33万円ものお金を節税できず、損をしていることになっていました。