清崎さんコラム_sakura-Fotolia

写真© sakura-Fotolia

「不動産投資に特別な才能は必要ない。きちんと勉強して臨めば、誰でも必ず成果は出る。人生を変えるもっとも手軽な方法だと私は思っています」

こう語るのは、東京都在住のサラリーマン大家、清崎雄喜さん(35歳)。清崎さんは株式投資を経験後、31歳のときに不動産投資を開始。現在、一都三県に中古の一棟マンション8棟、戸建て3戸、計74部屋を所有し、総資産7億7000万円、家賃収入年間7400万円(税引き後CF2100万円)を手にしている。

「目標は総資産10億円、家賃収入年1億円。あと2年以内には実現できるでしょう。そしたら、サラリーマンを卒業します」

ハイスピードで資産を構築し、30代にしてセミリタイア目前とはうらやましい限りだが、はたして成功の秘密は何なのか。清崎さんのこれまでの歩み、不動産投資の投資哲学を詳しく聞いた。

「良い借金」と「悪い借金」がある

大学卒業後、電子部品メーカーに就職。しかし、仕事に面白味を感じることができなかったという清崎さん。

「就職活動をいいかげんな気持ちで行い、志望した会社に入れなかったからです。身から出た錆ですが、大学の同期は有名企業に就職し、明るい未来が待っている。かたや自分は……とコンプレックスを強く感じていました」

苦しい現状から抜け出す術を求めて、毎週末図書館へ。さまざまなジャンルの本を200冊以上読み漁り、その中の一冊が『金持ち父さん 貧乏父さん』だったそうだ。

「同書で心に響いたのは、『良い借金』と『悪い借金』についての記述。借金=悪と捉えがちですが、本当に価値のあるものを借金して買うのは何も問題ない。実際、真のお金持ちは良い借金をして資産を増やし、豊かに暮らしていると書かれていました。これに納得して不動産投資家になることを決めたのです」