叶先生_taka-Fotolia

写真© taka-Fotolia

みなさん、こんにちは! 不動産投資専門税理士の叶です。

お金を残す不動産投資コラム。今回は、最近税制改正の対象として話題となっている配偶者控除の見直しによる、不動産投資への影響について解説します。

配偶者控除とは?

「年収103万円の壁」という言葉を皆様も聞いたことがあると思います。

パートをしている配偶者がいる世帯で、配偶者の年収がこの金額を超えると、夫の税負担が増えるのですが、内訳は次の通りです。

給与所得控除65万円+基礎控除38万円=103万円

そして配偶者の年収が103万円を超えると、夫側で受けられていた配偶者控除38万円がなくなってしまいます。

ちなみに、住民税は基礎控除が33万円ですので、年収が100万円を超えると、配偶者側の住民税が発生します。

この配偶者控除は、1961年に施行された制度で、夫側の節税になることから、共働夫婦の中には、女性が働く時間を少なくするケースが多く、女性の社会進出を妨げていると考えられているんですね。