安藤さん10月_sunabesyou-Fotolia

写真© sunabesyou-Fotolia

皆様こんにちは! 新之助でございます。さあ、「家賃収入1億円突破する為の銀行との付き合い方」も今回が最終回。3回にわたって執筆したコラムは、私が活動してきた中の基本中の基本です。

私は9月に新たに物件を購入し総投資額で13億1000万に達し、取引銀行も、都市銀行・地方銀行・信用金庫、合わせて9行になりました。

この数字は、いくら銀行が収益不動産への融資に積極的な今であっても、一気に駆け上がる事は容易ではないでしょう。

何よりもサラリーマンをセミリタイアして初めての取得物件。購入単価も2億円近い案件で金利レートは公開できませんが超低金利です。

持ち込んだ金融機関からはすべて融資内諾を頂きました。それもすべてオーバーローンです。サラリーマンをセミリタイアし、資金調達の懸念が完全に払拭された瞬間でもありました。

不動産投資で財を築き、サラリーマンセミリタイアと共に自分本位な時間を本気で手に入れたいと思っている方には、今回の3回にわたる企画を取り入れ、実行することは成長に大きく追い風になることは間違いありません。

さあ、今回も是非ご一読ください!

≫第1回:銀行との付き合いで、第一に注意する事は?
≫第2回:銀行は「数字から読み取れない部分」をここでジャッジしている!

金融機関との付き合い方のポイント3つ目

それは「計画」「実行」「結果」をきちんと自身で語れる事です。

金融機関は事業計画にのっとって本部に稟議をあげて決済をとり、融資実行していきます。融資したお金がきちんと運用され、返済期日に遅滞なく返済してもらう事が貸し手側からすると最大のミッションになるんですよね。

貸し手側としては融資実行後、順調に運営できているか心配なんです。要は安心材料が欲しい。これを定期的に訪問し、進捗を報告する事で金融機関は安心します。この際に、嘘偽りなくきちんとお話しすることが大切です。