加藤隆さん10月_beeboys-Fotolia

写真© beeboys-Fotolia

サラリーマン大家「加藤隆」と申します。宜しく御願い致します。

現在は、東京・博多・札幌・名古屋・京都・小樽と全国展開で、区分所有マンション・1棟物アパート・1棟物マンション・戸建てと、100戸運営しています。

資産6億円-負債4億円=自己資本2億円、家賃年収は4000万円-ローン返済3000万円=手残り1000万円です。

このコラムでは、サラリーマンとして働きながら規模を拡大してきたコツや、投資対象となるエリアの見極め方など、30年という長い投資歴から得たノウハウをお伝えしていきます。

今回は、不動産投資を始めた経緯や、バブル時代をどう乗り越えたかについてです。

小学生で切手を転売して売却益を獲得!?

私は、1958年生まれの58歳。昔『花の中三トリオ』(はや熟年となってしまいましたが)と呼ばれていた桜田淳子さん・森昌子さん・山口百恵さんと同い年です。因みに、「東京タワー」、「チキンラーメン」も同い年です。

保育園の頃から、切手・葉書・紙幣・コイン等収集癖が出始め、小学生の頃は、学校内で一大ブローカーシンジケートを形成。小学校内で、売買・仲介をして儲けたものですが、やり過ぎて先生から切手売買禁止令が下されました。

今でも細々と続けていますが、特に、貴金属(金・白金・銀)の記念コイン・地金型コイン・バー、定額購入をしております。

1982年にサラリーマンになりましたが、早くも新人のうちから、24時間365日勤務といったサラリーマン生活に疑問を抱き始めました。しかし、勤め先の給料のみが収入であり、言いたいことも言えない状況です。(それでも私は言っていた方だと思います)

特に、1990年平成バブル崩壊後は、不景気に転換し、年功序列・終身雇用も崩壊。減給・リストラ・倒産母さんは当たり前。給料・賞与・退職金・企業年金もあてにはならない時代になりました。

国も財政破綻し、年金もあてにはならなくなりました。勤め先も国もあてにはならない以上、自分でなんとかするしかありません。

最初は、資格を取ればなんとかなるのではと勘違いし、色々な資格を取ってきたものです。しかし、ある程度は役には立つけど、所詮は、「足の裏に付いた御飯粒」。「取っても食えない」です。