大家まさおくん若手DIY名人、ピーナッツ大家まさおくんは、おばあちゃんと2人暮らしのサラリーマン。不動産投資をはじめたきっかけは、ずばり「将来への不安」から。

DIY活用でコツコツと築古戸建てを再生する手法が得意で、「汲み取りトイレ」「井戸」「傾き」など普通の投資家なら敬遠する物件に果敢にチャレンジ。知恵と工夫と仲間たちの力を集結して高利回りを達成。その投資の極意を紹介する!

不動産を買って財産をつくり、勝ち組になりなさい

ピーナッツ大家まさおくんは、空き家再生をコンセプトにした不動産投資を行っているサラリーマン大家さん。卒業後に就職もせずに居酒屋でバイト。パチンコや麻雀にハマり堕落した生活を続けていたところ、同居していたおばあちゃんから一喝された。

「おばあちゃんから、そんなダラダラした生活をしないで、英語かパソコンの仕事をしなさいと言われたのです。そんなときにバイト先のお客さんだったパソコン会社の営業部長からスカウトを受けてはじめて正社員になります」

それが実はかなり問題のある会社で、研修期間が終わって間もなく倒産。関連会社への異動となるが、40人がリストラされて、社員5人だけが残された派遣会社となった。

「休みがなくてヒドイときには77日間、連続勤務しました。ボロボロになって車で寝てそのまま出勤する生活です。それでも残業手当も出ず月20万円の固定給。

耐えきれなくなって在職中にスカウト受けた会社にさらに転職しますが、今度の会社は月給20万円+ボーナスで年収は400万円弱、そして、1年間の昇給額が月額24円だったのです。昇給額があまりに少ないので、最初『時給ですか?』と聞いてしまったくらいです。『いえ、月額です』といわれて衝撃を受けました(笑)」

ここで感じたのは、不満ではなく不安だったという。

「そんなときに、仕事で知り合った不動産会社の方から、『不動産を買って財産をつくり、勝ち組になりなさい』と不動産投資を薦められたのです。それまで株など別の投資をやった経験もありますが、安定した投資を求めていきついたのが不動産投資だったのです」

それが6年前、29歳のときだった。そして1戸目の戸建てを購入したのは2011年の震災の年。当時はまったく知識がなく「利回り」という言葉すら知らなかったという。自己資金は小学生の時から貯め続けた500万円

「僕の家は貧乏で中学生から自転車で新聞配達をしていましたし、必要なものと欲しいものを分けて、必要なものしか買わない生活をずっと続けていました。そのため堕落していた時期でも貯金は200万円~300万円はありました

おばあちゃんと2人暮らしをはじめてからは、おばあちゃんの老後が心配になって節約生活をしていましたので薄給ではありましたが、貯金はあったのです」