白井さん10月私は現在9棟61室を所有していますが、すべて耐用年数超のいわゆるボロ物件です。購入後のリフォームは必須で、1カ月~2カ月のリフォーム後に客付を行うようにしています。

リフォームはある程度自分でやるようにしていて、現在「セルフリフォーム20%」「業者に発注するリフォーム80%」位です。

CFを確保できているのに、それでもセルフリフォームをする4つの理由

最初の1軒~2軒はなるべくリフォーム費用を落とすために自分でやるようにしていましたが、ある程度のCFが確保できるようになった今でもセルフリフォームする理由は4つあります。

1.ただ見ているだけでは気づかない、細かい建物の不備に気づく事が出来るので、細かいところまで業者に依頼しやすい。

リフォーム期間中だと「おまけ」で業者も作業してくれたりしますが、リフォーム終了後に気づいたら別途費用が発生するので結果コストダウンにもなります。

2. 自分で最低限のリフォームスキルが身についていると、客付が終わり自主管理中に発生した不備も自分で直すことが出来る。

不動産賃貸業を初めてから4年ほど経ちますが、業者に来てもらわないとどうしようもなかった故障や不備は4回だけです。細かい補修はすべて自分で出来るので結果コストダウンになります。

3. リフォームコストを下げられる

恐らく全物件、すべて業者に依頼していた場合、1物件あたりのリフォーム費が実際にかかった金額より50万円ほど上がっていたと思うので、4年で9軒×50万円=450万円のコストダウンになりました。

4.リフォームが嫌いじゃない(というか結構好きかも)

コストダウンは、利回り上昇に直結します。とはいえ、全て自分でやっていては費用対効果が悪くなってしまう。そこで、自分でやることと業者に任せることを線引きしているのです。