地方の需要供給_varts-Fotolia

写真© varts-Fotolia

こんにちは。才津です。今回は「地方って賃貸需要はあるの?」というテーマでお話をしたいと思います。

まず、今回の内容での「地方」という言葉の定義を決めておきたいと思います。

東京、政令指定都市といった感じで、一般的に大都市、人口が集中しているエリア、人口が増えないまでも減らないエリア。<ccstrong>ここを除くエリアを「地方」だと判断します。

さらに地方にも2種類あります。

(1)地方の中でも、人口が集中しているエリア、人口が増えないまでも減らないエリア
(2)明らかに人口減少、過疎化が進んでいるエリア

この2つの地方を賃貸需要という目線で見た場合、

(1)のエリアは賃貸需要に問題は無い
(2)のエリアはリスクがある

と判断できると思います。

私が投資しているエリアで具体的に言うと、福岡市、北九州市などは、東京から見るといわゆる地方ですが、今回の定義で言えば、「地方ではあるが、人口が集中しているエリア」です。その結果、賃貸需要には問題がないエリアだと判断していいと思います。

長崎市、佐賀市、大分市、熊本市、鹿児島市などは判断が難しいです。人口は減っているものの、人口が集中し、減りにくいエリアという意味では、賃貸需要に問題は無い気がします。しかし、同じ市内でもエリアによっては過疎化が進んでいるエリアもありますので、判断が難しくなってきます。