加藤さん_Route16-Fotolia

写真© Route16-Fotolia

不動産経営を始める際、インターネット・メールマガジン・雑誌・書籍等での勉強や、セミナー・不動産会社・金融機関等に出向いて情報収集を行うと思います。

しかし「いざとなったら、なかなか物件購入に踏み切れない……」とお悩みの方も多いようです。確かに不動産経営と言えば、購入金額も大きいですし、借入金に対する不安もあります。

かくいう私自身も、30年前の1986年(当時28歳)、初めて東長崎の新築ワンルームマンション(1210万円:借入金1100万円程度)を購入する際には、不動産会社の担当者を捕まえて、「おたくが潰れたらどうなるのですか? 念の為、決算書も見せて下さい」と質問攻めで、5時間離さなかったのを今でも覚えています。

デメリット・リスク・不安というものは、お化け屋敷と一緒で、わからないから怖いものです。自分なりに、デメリット・リスク・不安を洗い出して整理し、対処法を考えておけば、「案ずるより産むが横山やすし」。背中を押してもらえれば、踏み切れるものです。

そこで今回は、特に「サラリーマン大家がぶつかる壁」として、3つの「無い」をご紹介します。